2*8

今日もまた地域の小学校との
交流でした。
そして今日が今年度の最後の交流となりました。

地域との関わりも幼稚部からなので
今年度で2年が終わりました。
はじめはanを不思議そうに見ていた
お友達ですが今ではanのちょっと変わった?
行動も普通に流してくれて
未だに『anちゃんって何歳?』って聞いてきたり
するけど・・・笑
それでもうれしい気持ちを表現するのに手で足をバタバタと
叩く癖やじっと座ってることが苦手だからすぐに
列からはみ出してお散歩に向かうマイペースな
anを受け入れてくれる本当に優しいお友達。

いつも2時間目から参加させてもらうので
1時間目が終わるころ登校するのですが
窓から娘を見つけたお友達が
『anちゃんきたーーー!』
『おーーーーい。anちゃぁぁぁん♪』って
小さな手をいっぱいに振ってくれて。
ほんとに大歓迎。
娘をそれを分かっているのか
ほんとにうれしそうに、
小走りでみんなところへ寄っていきます。

今年は小学校での交流が初めてだったので
教科にこだわらず色々な授業に参加
させていただいていたため
普通学校の教科書などは持っていませんでした。

でも、先生に言われる前から
隣の席のお友達が教科書を貸してくれる。
大休憩はanに読み聞かせをしてくれる。
anもじーっとお話を聞いていて。
そんなときは本当にうれしくて。

今日は音楽に参加しましたが
遠慮して少し離れた席に座ったら
『anちゃんもっとこっちおいで。
 そこじゃ寂しいでしょ』って。
男の子が手を引いて隣に連れて行ってくれました。

それが他の学年のお兄ちゃん、お姉ちゃんも
『あーー。今日anちゃんきてたんだぁ♪』
『anちゃん。こんにちはー』って。
そんな風に普通に声をかけてくれる。

今日わたし『ありがと』って何回言ったかしら・・。

親のいないところで普通に挨拶ができる。
そんな当たり前のことが本当に大切なんだなって。
みんなの優しさに触れてわたしも心あったかく一日を過ごしました。

****************************************


そうそう。
その後担任の先生が我が家によってくれました。
先生は持参のお弁当、わたしと娘は煮込みうどんをつくり。
3人で食卓を囲みました。

そこでとってもいいお話を聞きました。
親はどうしても子供の駄目だしばかりしがちで、
〇〇しなくちゃ駄目でしょ!
〇〇はなんでいつもそうなの!とかね。
もちろん子供を愛してるから
出る言葉なんだけど。
でも夫婦でも恋人でも
愛してるってことば
すきだよってことば。聞きたいですよね?
子供もそうなんです。

いつもあなたが大好きだよって
ちゃんとことばにして伝えなくちゃ
駄目なんだって。

抱きしめてなめるようにスキンシップをする。って
とっても大切なんだって。
娘のふかふかした抱き心地。
抱かずにはいられない。
スキスキーーーって
叫ばずにはいられない毎日。
やっぱり愛情を惜しみなく注ぐって
子供の成長には大切なんだ。

愛してくれる家族がいるから
いつか親元を離れても
くじけず頑張れる。
わたしがそうだったように
これからも変わらず愛をたっぷり
注いでいこうと思います。
[PR]
by Un-sorriso | 2011-02-08 19:15 | こども